日記

「あ?いい出会いないかな?。
」暇さえあればつぶやいていた10代の頃の私。
出会ったばかりの人とすぐに付き合っては別れるという事を繰り返していました。
今思えば寂しくて、一緒にいてくれる人なら誰でも良かったのかもしれません。
両親は仲が悪くて当時の家の雰囲気は最悪でした。
お互い口を聞かない父と母に、一人っ子で反抗期が10代後半になっても続いている私。
家にいても良い事なんてひとつもなかった。
だから毎日外へ出ては誰かと出会い、遊んでいました。
一樹との出会いは19歳のクリスマス直前。
一人でマックにいた私に、隣の席で同じく一人でいた一樹が話しかけてきたのです。
「クリスマス前にお互い一人マックなんて悲しいね?。
」そう言って私の前へ移動してきました。
「ねー何て名前?」一樹は絵に描いたようなチャラ男でした。
茶髪をハードワックスでガチガチに逆立て、私の嫌いな日焼け・カラコン・細眉の三点セット。
「勝手に座んないでくれる?」そう言ってもヘラヘラ笑うだけ。
(こいつのせいで私が店を出るなんてむかつく。
)私は完全無視して携帯をいじっていました。
その時携帯が鳴り、画面を見ると母親の名前が。
電話に出ると母親は「お父さんと離婚する事にしたから。
」と言い、私は黙って切りました。
電話を片手に持ったまま、気付くと私の目から涙がこぼれていました。
仲の悪い両親、嫌ならさっさと別れちゃえばいいのにっていつも思ってた。
だけど・・・そのまま私は声を出さずに泣き続けました。
一樹はとっくにハンバーガーもポテトもシェイクも無くなっていたけど、そのままずっと私の前に座っていました。
閉店まで、ずっと。
何も聞かずに。
驚く事に一樹と私はその後付き合い始めました。
おまけに長くても一ヶ月ぐらいしか彼氏と続かなかった私が、もう4年も続いているのです。
出会いはナンパ。
だけど私にとってあの出会いは、サンタさんからの一足早い最高のプレゼントだったのです。

今の旦那との出会いは、教習所でした。
22歳の時に通っていたのですが、地元の教習所ではなかったため、知り合いは誰一人としていませんでした。
孤独に通い続ける教習所生活。
のはずだったのですが、私の落とし物を拾ってくれたことが出会いのきっかけになりました。
私の落としたものとは、スマホだったのですが、落としたことにも気が付かず、私は喫茶店に入りコーヒーを注文していました。
そこで、走って追いかけてきてくれ、スマホを渡されたのです。
ちょうど、時間が空いていたため、一緒にコーヒーを飲むことになりました。
スマホを拾ってくれたので、ごちそうするつもりでしたが、「女性におごられたことがない」ときっぱり断られました。
「ノリが悪い人だけど、親切な人」が第一印象の出会いでした。
それから、お互い空き時間になると、なんとなくそこの喫茶店で待ち合わせをするかのようにコーヒーを飲んでいました。
お話するのが、だんだんと楽しくなってきて、教習所に通うのもとても楽しくなっていました。
彼の性格は、少しクールだけど、とても温かい心を持っている人でした。
話すたびに、どんどん魅かれていました。
そして、出会いから2か月半、気が付いたころには、もう彼を好きになっていました。
教習所が終わってしまうと会えない。
そう思うと寂しくなり、自分から告白しました。
返事は「OK。
スマホこれからも拾うよ」と言ってくれました。
とても嬉しかったです。
そして、お互い免許を取得してからというものの、たくさん一緒にドライブしました。
あっちこっち旅行もしました。
付き合うこと3年、とうとうあの出会いから、結婚することにまでなりました。
今は、結婚生活を楽しんでいます。
教習所での出会いで、生涯を一緒に歩む人がいまここにいるのは、なんだか不思議なことでもあります。

私は最近アプリが解禁になったゲームで、出会いがありました。
そのゲームはとても有名で、名前を出すとすぐにわかっちゃう、あのゲームです。
そのゲームをしていた時のことです。
私はいつも通勤前にあるスポットに寄ってから通勤しています。
そのスポットに行くと、ゲーム内のアイテムが必ずもらえるので行きも帰りも、必ずと言っていいほど、そのスポットへ通っていました。
ある日のことです。
自分より先にいた男性もそのスポットでどうやらアイテムを手に入れていたようで、同じゲーム画面が見えました。
多分相手にも同じ画面が見えていたのだと思います。
彼は「一緒ですね」と笑って挨拶をしてくれました。
これが、初めての彼との出会いです。
でも、これだけじゃありませんでした。
初めて出会ってから数日。
同じスポットに行くと、彼がまた立っていて「また出会いましたね」と二人で笑いました。
それからというもの、ゲーム関係で出かければ高確率で会う彼とはどんどん仲良くなっていきました。
なんだか不思議な出会いをした彼になんとなーく、「一緒に街を散策しませんか?」と声をかければ、「デートですか?」とふざけて返されてしまい、二人で出かけるのはまずかったか・・・、と反省しました。
しかし、次にまた最初に出会った公園に行けば少しだけおしゃれな格好をした彼がいて、平然と「行きますか」というではありませんか。
すっかり断られたと思っていた私は慌てて彼に断ってから家に帰り、大好きなワンピースに着替えて会いに行きました。
それからというもの、連絡先もちゃんと交換して、楽しくゲームをしながら仲を育んでいます。
こんな出会いもあるので、是非ゲームをしながらのお散歩もおススメです。

私の友人の話になるのですが、顔が悪いとか性格が悪いというだけでもないのに、なかなかパートナーができないということで、よく相談をうけていました。
そんなある日、友人が、突然パソコンに興味を示し、購入しました。
それ以来、しばらく連絡がこない日々が続いてました。
数ヶ月後、友人が異性と歩く姿をみて、きいたところ、インターネットでの交流の場でいまの相手とは出会ったようです。
近年、若年層の恋愛離れが進むなか、若年層の晩婚化や、生涯独身を選択する人など、その恋愛事情は多種多様ではあります。
出会いは、そんな簡単に見つからないと諦めかけてる人も多いようですが、いまはインターネットも普及していて、私の友人のように、同じ目的をもった人々が集う出会いの場にいけば、パートナーのできる確率も何もしないよりはだいぶあがります。
出会いは出会う気持ちで挑めば、それなりに出会えると存じます。
不景気で経済的な理由で、パートナーと一緒になるよりも一人のほうが楽であるという話もよくききますが、出会いをきっかけに、家庭をもち、今までとは意識の持ち方も、社会的責任も生じてくるので、気をひきしめて自身が大きく変わるという人は多くいます。
出会いは、国民の祝日や花火大会など特別な日やイベントがある日にナンパをして自ら出会いの確率をあげるひともいます。
実際に他の友人が、ナンパをしてうまくいき、3年くらいはその相手とは続いてました。
一番いいのは、どのような出会いやきっかけが始まりの恋愛であれ、お互いの気持ちが通じあい、大切にしてあげようという気持ちをもてるパートナーを見つけることが大切です。
あとは、迷惑をかけない範囲で積極的な姿勢をみせればうまくいくと確信しております。

ページ上部に